ロピミューン(ロピナビル/ リトナビル) - 200mg/50mg (60錠)

15600 円 !! たんぱく質の合成を阻害し、エイズウイルスの増殖を防ぐプロテアーゼ阻害薬HIV感染症のHAART療法に用いられるロピナビル(Lopinavir)と有効成分リトナビル(Ritonavir)が含まれた抗ウイルス化学療法剤。インフルエンザの治療薬・タミフルの有効成分オセルタミビル(Oseltamivir)とロピミューンの二つの有効成分ロピナビル(Lopinavir)と有効成分リトナビル(Ritonavir)を混合で投与したところ、新型コロナウイルスの症状の劇的改善がみられたとタイ保健省が発表しました。(2020年2月2日付)ヤフーニュースは→こちら←

Lopimune (Lopinavir/Ritonavir) - 200mg/50mg (60 Tablets)

內容量 : 60錠
価格: 15600 円

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ロピナビル(Lopinavir)

リトナビル(Ritonavir)

 

製造国

インド


製造元

Cipla


医師の指示に従って1回2錠(1錠あたりロピナビルとして200mg、リトナビルとして50mg)を1日に2回、もしくは1回4錠を1日に1回服用してください。
ただし1回4錠の場合でもロピナビルの血中濃度を低下させるようなお薬を併用している場合は、1日に2回服用する必要があります。


体重が40kg以上ある小児の場合は、1回2錠を1日に2回服用します。食事に関係なく服用して問題ありません。


ロピミューンは抗HIV薬であるロピナビルとリトナビルを配合した合剤です。ロピナビルもリトナビルもヒト免疫不全ウイルスに対してプロテアーゼ活性を阻害することで、ウイルスの働きを抑えます。プロテアーゼとはヒト免疫不全ウイルスが増殖するために必要な酵素のことです。そのためプロテアーゼを阻害することでヒト免疫不全ウイルスの働きを抑えられるのです。


HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで、人間の免疫機能を担うCD4リンパ球に感染します。感染が進んで免疫機能がうまく働かなくなると、時としてエイズを発症します。そのためヒト免疫不全ウイルスへの感染がわかった段階でなるべく早く、ウイルスの活性を抑える治療を始めなければなりません。


ロピミューンにはロピナビルとリトナビルが4対1の割合で配合されています。もともとロピナビルはリトナビルと比べて約10倍にも及ぶ抗ウイルス作用をもつことが特徴です。しかしロピナビルは、お薬を代謝する酵素であるチトクロームP450によっていとも簡単に代謝されてしまいます。これではいくら効果の高いロピナビルを使っても意味がありません。


そこでロピナビルが代謝されてしまうのを防ぐことを目的としてリトナビルを配合しました。リトナビルはロピナビルを代謝する酵素の働きを抑えることができるのです。またロピナビルとリトナビルを同時に配合することで、リトナビルで起こりやすい副作用も軽減されています。


カレトラ配合錠を使った臨床試験では、逆転写酵素阻害薬と併用することでヒト免疫不全ウイルスのRNAを減らし、CD4リンパ球を増加させることに成功しましたロピミューンは単剤でもHIVの治療に用いられていますが、このように逆転写酵素阻害薬と併用する方法も認められています。実際にジドブジンやラミブジンといった逆転写酵素阻害薬と併用することで治療効果を上げられることがわかっているのです。


ロピミューンは、これまでに抗HIV薬を使ったことがある方にも、また初めて使う方にも効果が認められています。いずれの場合でもヒト免疫不全ウイルスのRNAの減少とCD4リンパ球数の増加が認められました。またすでにRNAの数が増え、CD4リンパ球数が減少している患者にも効果を発揮します。カレトラ配合錠の臨床試験では、服用したすべての患


長期間にわたって投与しても抗HIV活性が低下しないことも特徴です。カレトラ配合錠を使った臨床試験では、長期間の投与でも安定してウイルスに対する効果を発揮しています。


インフルエンザの治療薬・タミフルの有効成分オセルタミビル(Oseltamivir)とロピミューンの二つの有効成分ロピナビル(Lopinavir)と有効成分リトナビル(Ritonavir)を混合で投与したところ、新型コロナウイルスの症状の劇的改善がみられたとタイ保健省が発表しました。(2020年2月2日付)ヤフーニュースは→こちら←

抗HIV薬にはリトナビルが単体で入ったものもあります。しかしリトナビルはロピナビルと比べるとウイルス活性が10分の1ほどしかありません。ロピミューンはロピナビルとリトナビルの両方を配合することで、より強いウイルス活性を可能にしました。


【禁忌】
次に該当する方はロピミューンを使用できません。


・ロピミューンに配合されている成分に過敏症の既往歴をもつ方


・次に挙げる薬剤を服用している方
ピモジド、エルゴタミン酒石酸塩、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、エルゴメトリンマレイン酸塩、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩、ミダゾラム、トリアゾラム、バルデナフィル塩酸塩水和物、シルデナフィルクエン酸塩(レバチオ)、タダラフィル(アドシルカ)、ブロナンセリン、アゼルニジピン、リバーロキサバン、ロミタピドメシル酸塩、リオシグアト、ボリコナゾール、グラゾプレビル水和物


・腎機能や肝機能に障害がある方のうち、コルヒチンを使って治療をしている方


【慎重服用】
次に該当する方は、慎重な服用が必要です。


・肝機能障害がある方
ロピミューンは肝臓で代謝される医薬品のため、肝機能障害がある方が服用すると高い血中濃度が持続する可能性があります。


・血友病や著しい出血傾向がある方
ロピミューンに含まれている成分によって突発性の出血性関節症などを起こす可能性があります。


・器質的な心疾患や心伝導障害がある方
PR間隔が延長する可能性があります。


・ベラパミル塩酸塩やアタザナビル硫酸塩などを服用している方
PR間隔が延長する可能性があります。


【妊婦・授乳婦など】
妊娠中や妊娠の可能性がある方は、ロピミューンを服用する有益性が危険性を上回ると判断できる場合のみ服用してください。


ロピナビルが乳汁中へ移行することが確認されています。そのため授乳中の方はロピミューンを服用しないでください。


【高齢者】
高齢者が使用することに関して、安全性はまだ確立されていません。そのため生理機能の低下や合併症に注意しながら服用する必要があります。


【小児】
6か月未満の小児がロピミューンを服用して安全かどうかはまだ確立されていません。また12歳未満の患者へはまだ使用経験が少ない状況です。使用の際は十分に注意してください。


【併用禁忌】
・ピモジド
不整脈が起こる可能性があります。


・エルゴタミン酒石酸塩、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、エルゴメトリンマレイン酸塩、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩
血管萎縮を起こす可能性があります。


・ミダゾラム、トリアゾラム
過度の鎮静や呼吸抑制を起こす可能性があります。


・パルデナフィル塩酸塩水和物、シルデナフィルクエン酸塩、タダラフィル
低血圧を起こす可能性があります。


・ブロナンセリン、アゼルニジピン、リバーロキサバン、ロミタピドメシル酸塩
併用薬の血中濃度が上昇する可能性があります。


・リオシグアト
ケトコナゾールとの併用でリオシグアトの血中濃度が上昇したとの報告があるため、ロピミューンでも同様のことが起こる可能性があります。


・ボリコナゾール
ボリコナゾールの血中濃度が低下する可能性があります。


・グラゾプレビル水和物
併用薬の血中濃度が上昇する可能性があります。


【併用注意】
・シルデナフィルクエン酸塩、タダラフィル、シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物、イトラコナゾール、ケトコナゾール、ジヒドロピリジン骨格を有する Ca 拮抗剤、リファブチン、サロメテロールキシナホ酸塩、ダサニチブ、ニロチニブ、ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍剤、ボセンタン水和物、コルヒチン、クエチアピンフマル酸塩、シメプレビルナトリウム、シクロスポリン、タクロリムス水和物、エベロリムス、トラゾドン塩酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステルブデソニド、トリアムシノロンアセトニド 、フェンタニル、フェンタニルクエン酸塩、イブルチニブ、エンコラフェニブ、アパルタミド、アミオダロン塩酸塩、ベプリジル塩酸塩水和物、リドカイン塩酸塩、キニジン硫酸塩水和物、フレカイニド酢酸塩、プロパフェノン塩酸塩、ジゴキシン、アファチニブマレイン酸塩、ロスバスタチンカルシウム、グレカプレビル・ピブレンタスビル 併用薬の血中濃度が上昇する可能性があります。


・オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル
パリタプレビルの血中濃度が上昇する可能性があります。


・セイヨウオトギリソウ含有食品
ロピミューンの代謝が促進されて血中濃度が低下する可能性があります。


・リファンピシン
リファンピシンの血中濃度が低下する可能性があります。


・カルバマゼピン、フェノバルビタール、デキサメタゾン
ロピナビルの代謝が促進されて血中濃度が低下する可能性があります。


・フェニトイン
フェニトインとロピナビルの血中濃度が低下する可能性があります。


・ワルファリンカリウム、エルバスビル、エチニルエストラジオール、エストラジオール安息香酸エステル 、ラモトリギン、バルプロ酸ナトリウム、メサドン塩酸塩
併用薬の血中濃度が低下する可能性があります。


大量に服用してしまった場合は、体温や呼吸、血圧や心拍数などのバイタルサインを確認し、必要に応じて胃洗浄や催吐を行います。活性炭による吸着も有効です。しかし透析の効果は期待できません。


準備中

【重大な副作用】
高血糖、糖尿病、膵炎、出血傾向、肝機能障害、徐脈性不整脈、中毒性表皮壊死融解症


【その他の副作用】
頭痛、下痢、嘔気、腹痛、嘔吐、便秘、口内炎、食道炎、黄疸、貧血、筋肉痛、関節痛、血小板減少、好中球減少、胃潰瘍、痔核、直腸出血など


トヤマ堂.mdは医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。仕入れた商品は自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。詳細に関しては”個人輸入について”をご覧ください。
**ご留意事項**
当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。