レクサクロム点眼液(クロモグリク酸ナトリウム)2%(5mL)

430 円 !! アレルギー症状が出る過程を阻害することで春季カタルやアレルギー性結膜炎を改善!目のかゆみや炎症を抑える効果にすぐれた目薬です!副作用がほとんどないので、長期間の使用も安心!

Rexacrom Eye Drops (Sodium cromoglicate) 2% (5mL)

內容量 : 5mL
価格: 430 円

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

クロモグリク酸ナトリウム(Sodium Cromoglycate)

 

製造国

ニュージーランド


製造元

REX Medical Ltd.


下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


1回1-2滴を1日4回(朝、昼、夕方および就寝前)に点眼します。


レクサクロム点眼液2%は抗アレルギー薬を配合した目薬で、主に春季カタル、アレルギー性結膜炎の治療に使用します。


アレルギーとは、体内に異物が侵入して来た際にそれを排除しようとして起こる免疫反応のひとつです。細菌やウイルスなどの病原微生物に対して生じる反応とは違い、例えば花粉などといった本来であれば体に無害な物質(アレルゲンあるいは抗原)に対して反応を起こすのがアレルギーの特徴です。そのためアレルギー反応の有無は人によって異なり、その症状も千差万別です。アレルギーが起こる原因についてはまだ詳しく解明されていませんが、一般的には特定の季節だけに限られるスギやヒノキなどの花粉や、1年を通じてみられる大気汚染、ダニやほこりなどのハウスダストなども関わっているのではないかと考えられています。アレルギー疾患性結膜炎は、このさまざまなアレルギーが原因で起こる眼の疾患の総称です。


アレルギー性結膜炎は、上下のまぶたの裏側(瞼結膜)と白目の表面を覆っている半透明の膜(球結膜)である結膜に炎症が起こった状態で、充血、目やに、涙眼などの結膜炎の症状に加えてかゆみを伴うのが特徴です。これらの症状は、ヒスタミンと呼ばれる物質の作用により起こります。またこのアレルギー性結膜炎の慢性重症症状を春季カタルといいます。主に春から夏に多くみられ、冬には症状が軽くなるのに加え、この病気にかかるほとんどが小学生から中学生の男子であるという特徴があります。激しいかゆみや白い糸状の目ヤニのほかに、上まぶたの裏側にブツブツができたり、黒目と白目の境目が腫れるなどの症状があらわれることもあり、場合によっては痛みも伴います。


このようなアレルギー性結膜炎や春季カタルの治療に有効な目薬が、レクサクロム点眼液2%です。アレルギー反応はヒスタミンやロイコトリエンなどの体内のアレルギー反応を引き起こす物質が放出されることにより起こり、またこれらの物質が眼の神経や毛細血管などを刺激するために、かゆみや充血などが生じますが、レクサクロム点眼液2%の有効成分であるクロモグリク酸ナトリウムは、主に免疫細胞からの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)の遊離を抑えることで抗アレルギー作用をあらわします。この作用から、クロモグリク酸ナトリウムは化学伝達物質遊離抑制薬に属します。


なお、レクサクロム点眼液2%はステロイド点眼薬ほど強力な作用はありませんが、副作用の心配がほとんどないため、長期間でも安心して使用することができます。


アレルギー性結膜炎および春季カタルに対して治療および予防効果が期待できます。


そう痒感などの自覚症状を比較的即座に軽減します。


結膜への局所使用のため、少量で効果が期待でき、全身への副作用が少ないとされています。


吸収はわずかですが、吸収された薬剤も生体内で変化を受けずに排泄され、組織への蓄積もみられません。


クロモグリク酸ナトリウムを有効成分とした薬剤は、点眼液のほか吸入液、エアロゾール、点鼻液、細粒などがあり、日本では、アルギノン(日東メディック、東亜薬品)、インタール(サノフィ)、クモロール(日本点眼薬研究所、ニッテン)、クロモグリク酸Na(日本点眼薬研究所、沢井製薬、マイラン製薬、ファイザー、杏林製薬、キョーリンリメディオ、共創未来ファーマ、日医工、科研製薬、わかもと製薬、東和薬品、日新製薬、辰巳化学、日本ジェネリック)、クロモフェロン(千寿製薬、武田薬品工業)、クロモニーク(日東メディック、テイカ製薬)、クールウェイ(高田製薬)、シズレミン(コーアイセイ)、ステリ・ネブ(武田薬品工業、武田テバファーマ、武田テバ薬品、アルフレッサファーマ)、ノスラン(科研製薬)、ミタヤク(富士フイルムファーマ、キョーリンリメディオ、日医工、日本ジェネリック)、リノジェット(共和薬品工業)、ルゲオン(わかもと製薬、共和新薬)の名前で発売されています。


海外では、Arane、Allergocrom、Colimune、Crolom、Cromo-comod、Cromoptic、Gastrofrenal、Intal、Lomucal、Lomusol、Opticron、Rynacrom,Vividrinなどの名前で発売されています。


【禁忌】

・レクサクロム点眼液2%の成分に対し過敏症の既往歴のある人


【適用上の注意】

・点眼時: 容器の先端が目に触れないように注意してください。眼周囲などに流出した液は拭き取ってください。


【その他の注意】

・レクサクロム点眼液2%の保存剤であるベンザルコニウム塩化物による過敏症が知られています。


【妊婦、産婦、授乳婦など】

・妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。


ほかの薬剤とレクサクロム点眼液2%の併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は、事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。
医師の診察を受けてください。
気付いたときに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

レクサクロム点眼液2%を使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

点眼時一過性の眼刺激感、結膜充血、眼瞼炎、結膜炎


●極稀に起こる重篤な副作用

アナフィラキシー様症状


トヤマ堂.mdは医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。仕入れた商品は自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。詳細に関しては”個人輸入について”をご覧ください。
**ご留意事項**
当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。