ペンティズ200,000(ペニシリンGカリウム塩)-20万単位

260 円 !! ペニシリンGカリウム塩が有効成分の、β-ラクタム系抗生物質に属するペニシリン経口薬!細菌の細胞壁に作用し、細菌の活性を阻害します!咽頭炎、しょうこう熱などレンサ球菌による各種細菌感染に有用!

Pentids 200,000 (Penicillin G) - 200,000 units (18 Tablet)

內容量 : 18錠
価格: 260 円

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ペニシリンGカリウム塩(Penicillin G Potassium)

 

製造国

インド


製造元

Abbott


下記の使用量はあくまでも目安となります。 実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

成人: 1日、20万-50万単位(1日120万-160万の間)を、4-6時間(1日3-4回)ごとに服用します。
子供: 1日、体重1kg当たり4万-8万単位を、4-6時間(1日3-4回)ごとに服用します。
自分の判断で服用量を増減しないでください。

ペンティズ 200,000は、ペニシリンGカリウム塩を有効成分とするβ-ラクタム系抗生物質に属するペニシリン経口薬で、肺炎、淋病、咽頭・喉頭炎、敗血症などのレンサ球菌による各種細菌感染に有効とされます。

ペニシリンは最も古くから使用されている抗生物質で、1929年にアレクサンダー・フレミングによって発見され、後の抗生物質開発のきっかけにもなりました。
ペンティズ200,000に使用されているペニシリンGカリウム塩は、抗菌スペクトルが狭い抗生物質と言われていますが、レンサ球菌による感染症には第一選択薬として使用されており、ほかの常在菌への影響が最も少なく、下痢などが起こりにくいのが特長です。
レンサ球菌は、健康なヒトの咽頭や消化管、表皮にも生息する常在細菌の一種ですが、各種の化膿性疾患や産生する毒素による全身性疾患、あるいは感染後に一種の合併症として起きる免疫性疾患など、多様な疾患の原因にもなるとされています。疾患は主にレンサ球菌に属する「化膿レンサ球菌」と呼ばれる菌種による溶連菌感染症が多く、急性感染症と、毒素性疾患があります。

急性感染症には急性咽頭炎や急性扁桃炎があり、小児から大人に発症する一般的な溶連菌急性感染症で、発熱、咽頭痛、頭痛、腹痛、嘔気、鼻閉が症状として現れます。感染後は侵された組織、あるいはリンパ管に沿って所属リンパ節へ細菌が広がり、扁桃周囲炎、中耳炎、副鼻腔炎、および菌血症などの限局性化膿性合併症を起こすおそれもあります。また遅発性の非化膿性合併症(リウマチ熱および急性糸球体腎炎)になると、感染後2週間以上経過してから発現することもあるようです。化膿レンサ球菌以外のレンサ球菌に起因する疾患はあまり見られないとされていますが、まれに新生児および分娩後の女性におけるB群レンサ球菌での発症もあるようです。

ペニシリンは、細菌の細胞壁の主要物質であるペプチドグリカンを合成する酵素と結合し、細菌の活性を阻害します。これによって、ペニシリンが作用した細菌はペプチドグリカンを生成することができなくなり、細菌の分裂に伴い細胞壁が薄くなり、外液との浸透圧差から細胞内に外液が流入し、細菌は溶菌を起こし死滅するとされています。細菌の細胞壁は人間を含めた真核生物には存在しないため、ペニシリンは細胞壁の合成を標的として選択的に阻害することができるので、人間に対する毒性は低いとされています。

有効成分であるペニシリンGカリウム塩は、活性中心であるβラクタム環を含んだペナム骨格を有するペニシリン系化合物の抗生物質で、比較的胃酸に弱く、小腸の上部や十二指腸で30%のみが吸収されるため、1日に数回服用し、非経口薬と同等の血中濃度にする必要があります。レンサ球菌のほかには、肺炎球菌に対し強い抗菌力を有するとされています。

<適応菌種>
ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、髄膜炎菌、ジフテリア菌、炭疽菌、放線菌、破傷風菌、ガス壊疽菌群、回帰熱ボレリア、ワイル病レプトスピラ、鼠咬症スピリルム、クロストリジウム菌、アクチノマイセスボービス)、モニリフォルミスレンサ杆菌、リステリア菌、レプトスピラ属、梅毒トレポネーマ

<適応症状>
敗血症、感染性心内膜炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、乳腺炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、淋菌感染症、化膿性髄膜炎、中耳炎、副鼻腔炎、しょう紅熱、炭疽、ジフテリア(抗毒素併用)、鼠咬症、破傷風(抗毒素併用)、ガス壊疽(抗毒素併用)、放線菌症、回帰熱、ワイル病

・ペニシリンGカリウム塩が有効成分の、β-ラクタム系抗生物質に属するペニシリン経口薬です。
・レンサ球菌による各種細菌感染に有効とされます。

ペニシリンGカリウムを有効成分として発売されている薬は、海外ではAbbocillin、Ayercillin、Cillora、Cilopen、Ursopen 、Pradupenなどがあります。

【禁忌】
・ペンティズ200,000 の成分に過敏症の既往歴のある人
・セフェム系抗生物質に過敏症の既往歴のある人
・使用する本人または両親、兄弟に気管支喘息、発疹、じんましんなどのアレルギー症状を起こしやすい体質の人
・高度の腎障害のある人

【慎重使用】
・喘息の人
・腎臓疾患の人
・妊娠中または妊娠している可能性のある人、授乳中の人
・妊婦または妊娠している可能性のある人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。
・服用中は、授乳を中止することが望ましいとされています。
・一般に高齢者では生理機能が低下しているので、服用量を減量するなど注意してください。

処方薬、市販薬に関わらず他薬と併用する場合には医師や薬剤師と事前に相談し、安全性を確かめてから使用してください。

直ちに病院に連絡し、医師の診断を受けてください。

気がついた時、できるだけ早く1回分を飲んでください。
ただし、次の服用時間が近い場合は1回分飛ばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。
2回分を1度に飲まないでください。

●重大な副作用
アナフィラキシー、溶血性貧血、間質性腎炎、急性腎不全、偽膜性大腸炎

●副作用
吐き気、下痢、頭痛、発作、昏睡、胃部不快感、腹痛、大腸炎、便中の血液、発疹、じんましん、かゆみ、息切れ、鱗片状の皮膚、顔のむくみ、関節痛、頭痛、熱、不規則な呼吸、突然のめまい、ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(発熱、全身倦怠感、頭痛など)

トヤマ堂.mdは医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。仕入れた商品は自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。詳細に関しては”個人輸入について”をご覧ください。
**ご留意事項**
当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。