ファモックス (ガスタージェネリック) 20mg

1500 円 !! ガスターのジェネリック商品!消化性潰瘍(胃潰瘍/いかいよう等)の治療薬!胃酸の分泌を抑え胃粘膜への刺激を弱めて効果を発揮!

Famox (Famotidine) - 20mg (250 Tablets)

內容量 : 250錠
価格: 1500 円

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ファモチジン(Famotidine)

 

製造国

ニュージーランド


製造元

Pacific Pharmaceuticals


【用法1】
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群:
通常・成人1日2回各1錠(20mg)を食後に服用するか、1日1回2錠(40mg)を就寝前に服用して下さい。

【用法2】
上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎):
通常・注射剤での治療を開始した後、経口剤服用が可能になった段階で、成人1日2回各1錠(20mg)を食後に服用するか、1日1回2錠(40mg)を就寝前に服用して下さい。

【用法3】
胃粘膜の病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期:
通常・成人1日2回各1/2錠(10mg)を食後に服用するか、1日1回1錠(20mg)を就寝前に服用して下さい。

ファモックス20mgは、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(またはH2ブロッカー)と呼ばれる薬剤・ガスターのジェネリック商品で、消化性潰瘍の治療薬として用いられています。

胃粘膜のヒスタミンH2受容体を遮断する働きがあり、それにより胃酸の分泌を抑え、胃酸による胃粘膜への刺激が弱くする事で、消化性潰瘍の治療へ効果を発揮します。

消化性潰瘍は、胃液の作用を受ける胃や十二指腸に症状が発生しやすい病気で、胃から分泌される胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌バランスが崩れ、胃酸に影響を受けた胃壁に潰瘍(ただれ)ができ、痛みを感じたりひどい場合には出血を起こす病気です。
また重度の胃潰瘍の場合は、ただれが胃の外側にまで達し、胃に穴をあけてしまう事もあります。

さらに、一部には内視鏡検査などでも判断ができない癌に伴って、消化性潰瘍の症状を起こす場合も稀にある病気です。

典型的な症状として、一般的に胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸の場合は空腹時において 上腹部に痛みを感じ、しばしば胸やけやげっぷを伴います。

また胃潰瘍患者の30-40%において吐血や下血がみられ、下血の場合には黒いタール状の便が出ます。

外科的切除を必要としない消化性胃潰瘍の場合は、薬物投与により治療が行われるのが一般的です。

治療薬の種類は症状により「攻撃因子抑制作用剤(胃酸を抑える事で症状を和らげる)」と「防御因子増強剤(胃粘膜の保護する事で症状を和らげる)」の2種類に分かれます。

ファモックス20mgの有効成分・ファモチジンはヒスタミンH2受容体拮抗薬(またはH2ブロッカー)と呼ばれる薬剤で攻撃因子抑制作用剤に属します。

胃粘膜のヒスタミンH2受容体を遮断する働きがあり、それにより胃酸の分泌を抑える事ができ、胃酸による胃粘膜への刺激が弱くなる事で消化性潰瘍の治療へ効果を発揮します。

また作用時間が長く服用回数が少なくいという利点もあり、現在消化性潰瘍の治療薬として各科で広く用いられています。

日本では、ファモックス20mgの有効成分・ファモチジンを含む薬として、ガスター錠10、20mg、ガスターD錠10、20mg、ガスター散2、10%(アステラス)等が販売されています。

以下項目に該当する方、または既病歴のある方はファモックス20mgを使用しないで下さい。
・有効成分・ファモチジンにアレルギー症状が出る
・肝疾患
・腎疾患
・心疾患
・妊婦、授乳中、妊娠している可能性がある
・乳幼児、小児
・高齢者

その他
・例え同じ症状であっても、他者へ与えないで下さい。
・小さなお子様の手の届かない場所に保管して下さい。
・医師の指導により定められた用量・用法を守って服用して下さい。
・使用を中止したい時は必ず医師と相談して下さい。自己判断で中止した場合、消化性潰瘍の症状悪化や再発などの可能性があります。
・長期的に服用が必要な場合、定期的に血液や肝機能の検査をして下さい。

処方薬や市販薬に関わらず何らかの薬剤を使用している場合は、必ず併用について医師と相談して下さい。

直ちに病院に相談し、医師の診断を受けて下さい。

ファモックス20mgの服用を忘れた場合は、すぐに1回分の用量を服用するか、次の回から使用して下さい。但し、2回分の量を一度に使用する事は避けて下さい。

ファモックス20mgを服用している間、以下の様な症状を感じる方がいます。該当する、もしくは不快な症状や気になる症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。

主な副作用(稀なケースとして)
・便秘、発疹、肝機能値以上、乳首の腫れや痛み、生理不順、眠気、頭痛、眩暈、不安感、無気力感、錯乱、幻覚

重度の副作用(非常に稀なケースとして)
・アナフィラキシー様症状、腎障害、血液成分の異常、重い皮膚症状、肝障害、不整脈、意識障害、横紋筋融解症、間質性肺炎

トヤマ堂.mdは医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。仕入れた商品は自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。詳細に関しては”個人輸入について”をご覧ください。
**ご留意事項**
当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。