クラム・デュオ(アモキシリン/クラブラン酸)500mg/125mg(10錠)

1140 円 !! クラブラン酸とアモキシシリンを配合!抗生物質分解酵素の働きを抑えながら細胞壁の合成を阻害することで、強力な殺菌作用を発揮する抗生物質!オーグメンチンのジェネリック薬!

Curam Duo (Amoxicillin Trihydrate/Clavulanic Acid) - 500mg/125mg (10 Tablets)

內容量 : 10錠
価格: 1140 円

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アモキシシリン三水和物(Amoxicillin Trihydrate)

クラブラン酸(Clavulanic acid)

 

同一成分含有商品

アポアモキシ (アモキシシリン) 250mg 500カプセル (500錠) 3800 円
Apo-Amoxi (Amoxycillin) - 250mg (500 Capsules)


アポアモキシ (アモキシシリン) 500mg 500カプセル (500錠) 7980 円
Apo-Amoxi (Amoxycillin) - 500mg (500 Capsules)


シナモックス (アモキシシリン/クラブラン酸) 625mg (100錠) 5660 円
Synermox (Amoxicillin/clavulanic acid) - 500/125mg (100 Tablets)


アルファモックス (アモキシシリン) 250mg  (500カプセル) 5650 円
Alphamox (Amoxycillin) - 250mg (500 Capsules)


アルファモックス (アモキシシリン)  500mg (500カプセル) 7890 円
Alphamox (Amoxicillin) - 500mg (500 Capsules)


オーグメンチン1000デュオ(アモキシシリン三水和物/クラブラン酸カリウム)875mg/125mg (4錠) 1340 円
Augmentin 1000 Duo (Amoxycillin Trihydrate/Potassium Clavulanate) - 875mg/125mg (4 Tablet)


オスパモックス経口懸濁液用粉末(アモキシシリン)125mg/5mL (100ml) 350 円
Ospamox (Amoxicillin) - 125mg/5mL (100mL)


クラム・デュオ(アモキシリン/クラブラン酸)500mg/125mg (100錠) 2780 円
Curam Duo (Amoxicillin/Clavulanic acid) - 500mg/125mg (100 Tablets)


オーグメンチン(アモキシシリン三水和物/クラブラン酸カリウム)500mg/125mg 20錠 (20錠) 1500 円
Augmentin (Amoxicillin/Clavulanic acid) - 500mg/125mg (20 Tablets)


クラム・デュオ(アモキシリン/クラブラン酸)500mg/125mg(10錠) (10錠) 1140 円
Curam Duo (Amoxicillin Trihydrate/Clavulanic Acid) - 500mg/125mg (10 Tablets)


 

製造国

オーストリア


製造元

Sandoz


下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人および体重40kg以上の子どもは12時間ごとに1錠を経口服用します。
症状などにより適宜増減します。

クラム・デュオは細菌感染が原因の感染症の治療薬で、皮膚感染をはじめ気管支炎や結核などの下気道感染や、中耳炎、副鼻腔炎、扁桃腺炎などの上気道感染などに対して使用される抗生物質です。

細菌は人体を含む地球上のあらゆる環境に存在している微小な生物で、光合成や窒素固定、有機物の分解過程などの物資循環において重要な役割を果たしています。その中には人間にはまったく影響を与えない細菌のほか、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌などのように人間に対して害を与えるもの、またビフィズス菌、乳酸球菌など人間にとって有用なものもあります。

ほとんどの細菌は外部との浸透圧からその内部構造や強度を保つため、細胞壁という層に囲まれています。この細胞壁が存在しなければ、細胞内に入り込んだ外部からの水によって細胞が膨張させられ、最終的には細胞が破裂してしまいます。また細胞壁には感染の際に生体内に入る足がかりとなる構造物も含まれているため、あらゆる面において細菌にとって大変重要なものとなっています。
細胞は細胞分裂を繰り返しながらその数を増やしていきます。まずあらかじめ2つ分の細胞質構成、細胞膜、細胞壁、外膜などの付属器官がつくられ、その後に分裂をしますが、この段階で細胞壁の合成を阻害し、細胞が増殖できないように働きかけるのがクラム・デュオの有効成分であるアモキシシリンです。アモキシシリンの働きにより細菌は複数分の細胞壁をつくることができなくなり、分裂に伴って細胞壁が薄くなる結果として増殖が抑制され (静菌作用)、やがて細胞と外液との浸透圧差の作用によって細菌は死滅します(殺菌作用)。

数ある抗生物質の中で、アモキシシリンのように細菌の細胞壁合成を阻害する働きを持つものを総称してβ(ベータ)-ラクタム系抗生物質と呼びます。有名なところでは、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質がこの種類に含まれます。
ところがβ-ラクタム系を含むすべての抗生物質において、繰り返し使用していくうちに菌が抵抗性を獲得してしまう薬剤耐性菌の発現という問題が出現しています。特に長い歴史を持つβ-ラクタム系に対しては、β-ラクタマーゼというβ-ラクタム系の薬を分解する酵素を産出する細菌が多数存在するようになり、その殺菌効果が思うように期待できないケースが増えてきています。

これに対抗し、別の成分を配合することによって、β-ラクタム系に耐性を持つ細菌にも効果を発揮するように開発された抗生物質がクラム・デュオです。アモキシシリンと共に配合されているクラブラン酸という成分には、細菌が作るβ-ラクタマーゼという抗生物質分解酵素を阻害する働きがあります。そのためアモキシリンはβ-ラクタマーゼに邪魔されることなく細胞壁合成阻害作用を発揮することができ、これにより生物質の体内での作用持続時間が延長するだけなく、アモキシリンとクラブラン酸の相乗効果によりアモキシシリンだけでは効かない耐性菌に対しても効力を示すことが認められています。

なおクラム・デュオは、グラム陽性球菌と嫌気性菌に対して特に強い殺菌作用を発揮します。

・適応菌種
クラム・デュオに感性のブドウ球菌属、淋菌、大腸菌、クレブシエラ筋、プロテウス属、インフルエンザ菌、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)

・適応症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、ぼうこう炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、子宮内乾癬、子宮付属器炎、中耳炎

クラブラン酸はグラム陽性菌から陰性菌まで広範囲の菌種が産生するβ-ラクタマーゼ(薬剤を不活化する酵素)を不可逆的に阻害します。

クラブラン酸とアモキシシリンと配合することにより、広い抗菌スペクトル、強力な殺菌作用を示し、アンピシリン(誘導体を含む)・アモキシシリン耐性菌にも強い抗菌力を示します。

内服時の吸収性に優れ、高い血中濃度、尿中濃度が得られます。またクラブラン酸とアモキシシリンの体内動態が類似しているので、体内においても協力的抗菌作用が期待できます。

経口服用で慢性および複雑性の感染症にも優れた臨床効果を示します。

起炎菌がβ-ラクタマーゼを産生しない場合でも、混在するほかの菌がβ-ラクタマーゼを産生することによって、薬剤が不活性化されることがあります(関節的病原性)。アモキシシリンにクラブラン酸を配合することによって、この問題が解決されることが示唆されています。

錠剤のほかシロップがあり、オーグメンチン、クラバモックス(いずれもグラクソ・スミスクライン)の名前で発売されています。

海外ではAmoksiklav、Augmentin、Ciblor、Klavocin、Neo-Duplamoxなどの名前で発売されています。

以下の場合、クラム・デュオを絶対に服用しないでください。
・クラム・デュオの成分によるショックの既往歴のある人
・伝染性単核症のある人: 発疹の発現頻度を高めるおそれがあります。
・クラム・デュオの成分による黄だん、または肝機能障害の既往歴のある人: 再発するおそれがあります。

以下の場合、服用しないことを原則としますが、特に必要とする場合には慎重に使用してください。
・クラム・デュオの成分またはペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある人
・本人または両親、兄弟に気管支喘息、発疹、じんましんなどのアレルギー反応を起こしやすい体質を有する人
・高度の腎障害のある人: 血中濃度が持続するので、使用間隔をあけて使用してください。
・高齢者
・経口摂取の不良な人または非経口栄養の人、全身状態の悪い人: ビタミンK欠乏症状が現れることがあるので、観察を充分に行なってください。
・肝機能障害のある人: 肝機能障害が悪化するおそれがあります。

【重要な基本的注意】
・ショックが現れるおそれがあるので、充分な問診を行なってください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・クラム・デュオの使用にあたっては、耐性菌の発現などを防ぐため、β-ラクタマーゼ産生菌、かつアモキシシリンの耐性菌を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の使用にとどめてください。

【その他の注意】
・適応外の使用で、前期破水時の感染予防を目的としてクラム・デュオを使用した例において、新生児の壊死性腸炎の発生率が高いという疫学調査の報告があります。

高齢者には、以下の点に注意し、用量並びに使用間隔に留意するなど、状態を観察しながら慎重に使用してください。
・高齢者では生理機能が低下していることが多く副作用が発現しやすいとされています。
・高齢者ではビタミンK欠乏による出血傾向が現れることがあります。

妊娠中の服用に関する安全性は確立していないので、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。

小児などに対する安全性は確立していません。

酸素反応を除くベネディクト試薬、フェーリング試薬、クリニテストによる尿糖検査では偽陽性を呈することがあるので注意してください。

以下の薬剤とクラム・デュオを併用する場合、注意してください。
・プロベネシド: アモキシリンの血中濃度は維持できますが、クラブラン酸の血中濃度が維持できなくなります。
・ワルファリン: プロトロンビン時間延長(INR上昇)が報告されています。ワルファリン服用中にクラム・デュオの使用を開始または中止する場合には、血液凝固能検査値などに注意し、ワルファリンの使用量を調節するなど適切な処置を行なってください。
・経口避妊薬: 経口避妊薬の効果が減弱するおそれがあります。

医師の診断を受けてください。

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

クラム・デュオを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
発疹、発熱、じんましん、そう痒、血管神経性浮腫、血清病様症候群、過敏性血管炎、急性全身性発疹性膿疱症、顆粒球減少、好酸球増多、貧血、血小板減少、白血球減少、好中球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、悪心、嘔吐、下痢、食欲不振、口内炎、カンジダ症、ビタミンK欠乏症状(低プロトロンピン血症、出血傾向など)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎など)、頭痛、けいれん、結晶尿

●極稀に起こる重篤な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状、皮膚粘膜眼症候群(スティーブン・スジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、急性腎不全、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、肝障害

トヤマ堂.mdは医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。仕入れた商品は自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。詳細に関しては”個人輸入について”をご覧ください。
**ご留意事項**
当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。