アコトラスト (アコチアミド) - 100mg

11250 円 !! アコトラスト100mgは、主成分としてアコチアミドを含む医薬品で、アコファイドのジェネリックです。アセチルコリンの量を増やすことで機能性ディスペプシアにおける食後膨満感や上腹部膨満感、早期満腹感の治療に用いられます。

Acotrust (Acotiamide) - 100mg (10 x 15 Tablets)

內容量 : 10 x 15 錠
価格: 11250 円

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アコチアミド(Acotiamide)

 

製造国

インド


製造元

Lupin Ltd


下記の使用量はあくまでも目安となります。

実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


成人は1日3回、1回100mgを食前に服用します。

機能性ディスペプシアとは、内視鏡検査やバリウム検査などを行ってもとくに胃の異常は見つからないのに、胃もたれや痛みといった胃の症状が起こる疾患です。男性よりも女性に多く見られやすく、また高齢者よりも若年者で発症しやすいことがわかっています。


食事を始めるとすぐに満腹になって食べられないという症状も起こりやすいため、患者は食事を楽しめなくなってしまうのが特徴です。機能性ディスペプシアに罹患することでどれくらいQOLが低下するかどうかを調べた研究では、身体的なQOLのみならず精神的なQOLも大きく低下してしまうことがわかっています。


データによって数値はまちまちであるものの、約10人に1人が機能性ディスペプシアだと言われています。ただし何らかの胃の症状を抱えて医療機関を受診した方だけを対象とした場合は、50%前後にまで数値が上がることが特徴です。


機能性ディスペプシアを引き起こす原因としては、以下のようにさまざまな要因が考えられています。


 ・胃や十二指腸潰瘍の働きが鈍くなっている
 ・胃や十二指腸潰瘍に知覚過敏が起きている
 ・胃酸が胃粘膜を刺激している
 ・ピロリ菌に感染している
 ・生まれつき機能性ディスペプシアになりやすい(遺伝)
 ・生活習慣が乱れている
 ・胃の形状が変形している
 ・精神的な不安がある


とくに決まった要因はないため、原因を特定することが困難な場合もあります。何が原因になっているにしろ、胃の働きが落ちていることで機能性ディスペプシアを発症しやすくなりますので、治療薬としては胃の働きを亢進させるようなものが使われることが特徴です。また症状に応じて胃酸分泌を抑えるお薬や、抗不安薬なども使用されます。


胃の働きは、自律神経のうち副交感神経によって制御されています。アセチルコリンという神経伝達物質が胃の機能を亢進させるため、機能性ディスペプシアを改善するためにはアセチルコリンへの着目が必要です。


アコトラスト100mgは、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、アセチルコリンの量を増やす働きがあります。アセチルコリンエステラーゼとはアセチルコリンを分解する酵素のことです。アセチルコリンエステラーゼを阻害することで分解されなくなるので、結果としてアセチルコリンの量を増やすことができます。


ラットを使った実験では、アコトラスト100mgの主成分であるアコチアミドを投与することで、プラセボよりも胃の運動機能が亢進されたことが確認されています。また胃の内容物を外へ出す速度も改善しました。しかし機能性ディスペプシアにアコトラスト100mgを使う場合は、必ず上部消化管内視鏡検査によって胃がんなどの疾患の可能性を除外しなければなりません。


胃の膨満感や早期満腹感などが見られる場合はアコトラスト100mgをはじめとした消化管運動機能改善薬が用いられますが、胃のもたれや不快感がある場合は胃酸分泌抑制薬も使用されます。もちろん両方を併用することもありますし、どちらかだけを使用する場合もありますので、症状を見てからお薬を選択しなければなりません。


ただし複数の薬剤を併用したからといって、機能性ディスペプシアの症状が有意に改善したというエビデンスはないため注意が必要です。アコトラスト100mgをはじめとした消化管運動機能改善薬や胃酸分泌抑制薬、抗不安薬などをむやみに併用するのではなく、症状に応じて選ぶ必要性があります。


アコトラスト100mgと似たお薬に、モサプリドという消化管運動機能改善薬があります。モサプリドはセロトニン受容体を刺激することで、胃の機能を改善するものです。アコトラスト100mgは機能性ディスペプシアに適応を持つのに対して、モサプリドは慢性胃炎に伴う消化器症状に適応を持つことが特徴となります。


【禁忌】
アコトラスト100mgの主成分であるアコチアミドに過敏症の既往歴がある方は使用できません。


【高齢者】
高齢者では一般的に生理機能が低下しており、副作用が起こりやすくなっています。そのため服用中に何か異常が出ないか注意して使用してください。


【妊婦・授乳婦など】
妊娠中の方、妊娠の可能性がある方はアコトラスト100mgを服用するメリットがデメリットを上回ると判断された場合は服用できます。ただし妊娠中の方が服用することについての安全性は確立されていません。


また授乳中の服用も避けてください。どうしても服用しなければならない場合は、授乳を避ける必要があります。


【小児】
低出生体重児や新生児、乳児や幼児への安全性は確立されていません。


【併用注意】
・アトロピンやブチルスコポラミンなど抗コリン薬を持っている医薬品と併用すると、アコトラスト100mgの効果が減弱する可能性があります。


・アセチルコリンやネオスチグミンと併用すると、アコトラスト100mgの効果が増強する可能性があります。


医療機関を受診してください。


アコトラスト100mgを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

下痢、便秘、ALT・AST・γ-GTP増加、血中プロラクチン増加、血中トリグリセリド増加、白血球数増加、悪心、嘔吐、血中ビリルビン増加、血中ALP増加、発疹、蕁麻疹


トヤマ堂.mdは医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。仕入れた商品は自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。詳細に関しては”個人輸入について”をご覧ください。
**ご留意事項**
当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。